タグ:神戸市 ( 97 ) タグの人気記事

記憶の泉

c0104242_22154010.jpg
FUJIFILM X100T








「新しいクラスになって、自己紹介とかしたん?」








ぬるめのお湯にポチャリと浸かりながら、顔を横にして長い髪の毛を洗う娘に訊いてみた。








「いいや。せーへんよ。だって、知ってる子ばっかりやもん」







娘の話によると、近頃はクラス替えをしても自己紹介などしないのだという。2年生が始まって、ちょうど2週間が経ったところだ。









「男の子の名前全員言うたろか?」








手のひらにシャンプーを溜め、少しづつ指先に付けて地肌を揉みながら僕をチラリと横目で見る。








俯きながら、16人全てフルネームで出席をとる先生のように言ってゆく。









口まで湯船に浸かり僕は静かに訊いていた。その暗記力を、もっと他に使おか。


















[PR]
by saibara31 | 2017-04-20 22:30 | あなた天使ちゃん | Comments(2)

絞り切れない

c0104242_22162272.jpg
FUJIFILM X100T








少し前まで、まちを歩く時はパンフォーカスで写真を撮ったりしていたのだけれど、近頃の僕は全て開放で撮っている。X100Tの開放値は、f2.0で、絞りリングはいつも固定。








飽きるまでこれで行こうと決めてから、ずっと何を撮るのも開放のまま。








まだ飽きることもなさそう。















[PR]
by saibara31 | 2017-04-14 22:18 | カメラと写真 | Comments(3)

探しもの

c0104242_21311662.jpg
FUJIFILM X100T








僕は今、お菓子の「カール」みたいな形状をしたゴム製の「クリップ」を探している。








昨日、ホームセンターで1時間47分間探してみたが、それらしきモノは見つけられなかった。








今日は、100均を回ってみたが、ピンと来なかった。赤ちゃんグッズのお店も回ったが、的外れだった。








「ハンズとか行ったらあるかな?」








妻特製”モヤシの比重が多い炒めモノ”を頬張りながら、形状を説明した紙を妻に見せて言ってみる。









「うーん、あっこやったらあるんちゃう? ほら」








「あーあーあっこか」








僕は頭に浮かんだ絵と名前を重ねあわせるために、箸をパカパカ動かした。










「ロフト !!」









妻と声を合わせて喜んでみたが、そんな得体のしれない商品がいくらロフトとはいえ売っているとは思えない。


















[PR]
by saibara31 | 2017-04-06 21:32 | あなた天使ちゃん | Comments(2)

夜のドライブ

c0104242_06453232.jpg
FUJIFILM X100T







「バナナみたい」








珍しく後部座席へ座っている娘が、フロントガラス越しに浮かぶ月を見てボソリと言った。













[PR]
by saibara31 | 2017-04-02 06:48 | まち歩き | Comments(0)

こうないぼうりょく

c0104242_21012075.jpg
FUJIFILM X100T






ほうれん草とツナのサラダを頬張っている横で、妻から借りたキメの荒そうな小さいメガネクロスを使って、キッズ携帯の画面を娘が撫でていた。








「画面が汚れた? パパが綺麗にしたろか?」








箸を咥えて、娘の携帯電話をヒョイと取り上げた。冬の温かい部屋にある曇りガラスのように、画面の中央が白く濁っている。妻のクロスでは、曇りを線状に広めているだけといった惨状。見るに見かねて僕は鞄から、タブレットの画面を拭くのに使っている柔らかいクロスを取り出した。








口を開け画面に向けて”ハァハァ”と息を2回吐き出す。








画面全体が白くなったところで、一気に拭き取る。








キッズ携帯の画面がふたたび輝きを取り戻したところで娘に返し、何事もなかった顔をして僕はほうれん草の続きを口に運んだ。








携帯を受け取った娘は、そろりと部屋の片隅に移動し、曇りのない画面を鼻に当てている。








「匂うな・・・」















[PR]
by saibara31 | 2017-03-30 21:02 | あなた天使ちゃん | Comments(0)
c0104242_20225402.jpg
FUJIFILM X100T







まだ納車もされていないのに、クルマ用品をネットで注文してしまった。








はじめて取引するお店だったので、カード決済ではなく手数料は掛かってしまうけれど代引き取引にする。








噂通りの優良なお店で、注文後の手続きも迅速。当日発送してくれて、今日の18時~21時に荷持が届く予定だ。









「宅配で荷物が届くからー」








「何買ったん?」








「く、クルマの何やったかなぁ・・・」








「なんぼやったん?」








「んー。なんぼやったんやろか・・・・」








僕は近頃、突発的に記憶喪失になるらしい。














[PR]
by saibara31 | 2017-03-29 20:24 | あなた天使ちゃん | Comments(2)

塵すら敵

c0104242_21452126.jpg
FUJIFILM X100T







家の中にいる時も、マスクをすると楽だという事に最近気がついた。それからというもの、寝る直前までサージカルマスクをしている。








「明日、花粉多いんやって」








天気予報で知り得た情報を、そのまま妻に聞こえる声で言った。「へぇー」という愛想のない返事が、キッチンから返ってくる。








「まさか、洗濯物を外に干してへんやろな?」








「干してるよ」








「花粉を落としてから取り込んでないんやろ?」








「そんな面倒くさいことするかいな」








真夜中に花粉症の症状が非道くなって、2時半頃から朝方まで夢と現実の境を行ったり来たりしている僕の原因が見つかった気がした。







「今日から、洗濯物、外干し禁止な!!」








そう妻に言って、朝、僕は仕事に出掛けた。








夕方、家へ帰ると、僕の洗濯物だけが部屋干しされていた。
















[PR]
by saibara31 | 2017-03-25 21:48 | あなた天使ちゃん | Comments(0)

モーニング

c0104242_20430550.jpg
FUJIFILM X100T







娘のメロンパンの食べ方に、朝から妻が吠えている声で目が覚めた。メロンパンの上の甘くて美味しい部分だけを削ぐように食べている絵が想像される。子供の頃の僕の食べ方そのままに遺伝されているだろうから。案の定、お皿の上には、悲惨な禿げ坊主のメロンパンが乗っていた。








それでも娘は負けておらず、立派な口ごたえで応戦しているところだった。








「朝から賑やかですな」








モシャモシャと頭を掻いてテーブルの端っこにつく。タブレットの電源を入れて、Googleのカードを一枚一枚閲覧する。「命の母A」と「樋屋奇応丸」がこの二人には必要じゃないのかとそれぞれの顔を見て思った。








「塩パン焼いたろか?」







妻と目があった。昨日パン屋さんで購入した袋を僕に見せてくる。「うん」と言ったものの、焦げたパンは食べたくないので、トースターのタイマーを捻ろうというタイミングで声を掛けた。







「塩パン焼くのは、30秒でええからな」







妻が淹れてくれた少しぬるくなったインスタントコーヒーを一口啜る。








「うるさいオッサンやな」








妻と娘が、口を揃えて僕に向けて言ってくる。一年生最後の金曜の朝だった。














[PR]
by saibara31 | 2017-03-24 20:45 | あなた天使ちゃん | Comments(2)

朝ドラ

c0104242_07323938.jpg


c0104242_07324535.jpg
FUJIFILM X100T







3ドアハッチバックなPOLOさんの運転席側のドアを開け、運転席のシートを倒した状態にしてから、後部座席の前を通って助手席に座るのがいつものパターン。僕がハンドルを握る横で、ちょこんと娘が座っている。








朝から写真を撮りに出掛けようかと誘い、朝の6時半。グラデーションを描いた空に、斜めからオレンジ色の光が差し込んでいる。自動車道の手前にあるコンビニエンスストアで、温かい飲み物2つと、芋けんぴを一つ買った。








「今度の車はさぁマニュアル車やから、ギコギコシフトチェンジしながら走るねんで」








一つ目のインターを降りて川を越えると、ドライブモードからマニュアルモードに倒す。エンジンを少し回してからプラス側へシフトした。








「マニュアルって何よ?」








芋けんぴを咥えた娘が、短くなった鉛筆ほどの芋けんぴを一つ僕に手渡す。娘が産まれる前にはマニュアル車に乗っていたのだけれど、遠い昔のように感じた。








「知らんか。イニシャルDってアニメで、豆腐屋のお兄ちゃん達が乗ってる運転席憶えてへん?」








しっとりカリカリした芋けんぴを一つ齧ると、自分から娘の持っている袋の中へ手を伸ばして3つほど欲張った。








「あー、あれね」








何とも言えない微妙な答えが返ってくる。








速度違反の交通取り締まりの時に配置される白い四角い機械の事を、”絹ごし豆腐”と僕が呼ぶものだから、娘はホンマモノの絹ごし豆腐がセットされていると信じている。








横を通過した時に、豆腐を壊すと検挙されるという仕組みだ。道ばたに散らばった豆腐は、カラスが綺麗に片付けてくれるというのを、「はじめてのおつかい」という番組で見たので、もう点と点が娘の中で繋がっているというわけ。








警察に豆腐を納品してるのが「藤原豆腐店」で、壊さないように走るのがタクミ君というのも。








「残りは全部パパにあげるわ」








袋の奥で粉々になった芋けんぴの残りを僕にくれる。口の中へまとめて入れて、少し苦い缶コーヒーで流しこむ。









オーディオパネルの横から飛び出たドリンクホルダーに置いた娘の紅茶が、ダム湖のあるコーナーでチャプチャプと激しく揺れていた。



















[PR]
by saibara31 | 2017-03-19 07:34 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)

鼻が通れば味がわかる

c0104242_22172919.jpg
FUJIFILM X100T








何日かぶりにクチ呼吸から解放され、新鮮な空気のやり取りを鼻で出来ているシアワセ。








花粉症の薬を変えた効果か、僕の両鼻のトンネルが今晩めでたく開通したのだ。








開通を祝して、久しぶりに缶酎ハイの栓を引いて一人で乾杯してみる。








家にある不要品9点をリサイクル店に持ち込んだ妻が、予想を超えた買取価格に味をしめたらしく嬉しそうにその明細書を見せてくれた。








「明日、朝からお菓子の部屋を片付けようか?」








ニコニコしながら明細を見ながらポテトチップスを摘む僕に言う。娘はコタツに潜り、テレビアニメに夢中になっている。娘の部屋にするため、物置部屋の片付けを兼ねて、宝探しをしようと言ってきてるのだ。








「明日は早起きして、写真撮りに行ってくるわ」







充電を終えた電池パックをX100Tにセットして、クロスで包んでカバンに入れる。







「私も行くー」








コタツの向こう側から顔だけ出した娘が同調する。








「オマエのモン、全部売りに行ったろ」








最後の一滴を呑み干すために顔をあげた時、鼻の片方が再び詰まり始めていることに背筋が寒くなった。













[PR]
by saibara31 | 2017-03-17 22:18 | あなた天使ちゃん | Comments(0)

FUJIFILM X100T で撮った写真ブログ&兵庫及びその周辺まち歩きとドライブ日記。 (2015年3月19日以降のブログの写真から Fujifilm X100Tで撮っています) * このページはリンクフリーです。


by saibara31