<   2017年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ほっけぐち

c0104242_20544109.jpg


c0104242_20545272.jpg


c0104242_20550290.jpg


c0104242_20551363.jpg


c0104242_20552546.jpg
FUJIFILM X100T







兵庫県加西市を縦断する北条鉄道。








単線区間で、片道13.6Kmの路線をディーゼルの列車が約50分かけて往復してゆく。








人で賑わっているのは、北条鉄道の始発駅でも終着駅でもなく、途中駅の法華口駅。








テレビ放送で駅舎のパン屋さんが紹介されたあととかで、この日はいつにもまして賑わっている。








ボランティア駅長さんを照らす光の向こう側から春の空の匂いがして、僕はファインダーを覗く目を少し細めた。




















[PR]
by saibara31 | 2017-02-28 20:59 | 北条鉄道 沿線散歩 | Comments(2)

あるらしい

c0104242_20592224.jpg
FUJIFILM X100T







「浮いた3万円で、何を買ってくれるの?」








僕に足を向けてコタツで寝ていた妻が、突然ムクリと起きてリアルな金額を口にした。昔、何処かの政党が埋蔵金があるから国民全員にばら撒くぞと言っていたのを、薄っすら重ねあわせた。








「何処にそんなお金があるの?」










最近、外国人ジョッキーの台頭で、めっきり競馬にも見放されている。そのような余剰金に身に覚えがない僕は、眉間に全てのシワを寄せ集めた。








「5月に、もうPOLOの税金払わなくっていいんやろ? じゃあ、3万チョイ浮くやん」







いつ淹れたのか分からない緑茶をグビっとやって、コップのフチを摘んでテーブルの上に音も立てずに置きながら唇の片方だけ釣り上げて言ってくる。








たぶん妻は、5月末までに納付しなければいけないPOLOさんの「自動車税」の事を言っているらしい。3月中に新車へと乗り換えることが決まったから、このお金が丸々浮くではないかと言っているのだ。








「そのお金は、既に用意されてるものなん?」








そんな余剰金があるならネット通販のカートに入っている商品を、この際だから”お買い上げ”してしまおうか。インターネットのブラウザのどこかに、いつも欲しい商品がチラチラしくるそんな機能が目障りだ。









「無いよ、そんなもん」








僕は、妻からいったい何のトラップを仕掛けられているのだろうか。















[PR]
by saibara31 | 2017-02-27 21:11 | あなた天使ちゃん | Comments(0)

僕が向かうべき場所

c0104242_20542771.jpg
FUJIFILM X100T







朝からノートパソコンの画面を観ている僕の肩口へ、身体をピタッとくっつけて覗いてくる。ネットで碁を打っている僕の手を、じっと横から観ているのだ。








「パパは白石?」








囲碁教室へ通うようになってもうすぐ一年。さすがに”石”の事を「タマ」と呼ぶ事はなくなった。地を稼ぎにいって、相手に付けられたところで僕はカーソルを動かしアテ込んでゆく。








「こっちからアテなあかんやん。パパは石の方向が間違ってるねん。こっちに味方の石があるねんから、こう置くのが筋やのに。こうで、こうなって、こうなるやろ?」








先日娘と対局したときに、今まで打たなかった打ち込む手に成長を感じたばかり。とても囲碁一年生とは思えぬ「石の方向」なんて生意気なアドバイスに、この数手先で僕は静かに投了した。




















[PR]
by saibara31 | 2017-02-26 21:00 | 女流棋士への道 | Comments(2)

リング

c0104242_20400149.jpg
FUJIFILM X100T







僕は金属アレルギーなので、アクセサリー類を直に身につける事ができない。








汗で金属の成分の一部が溶け出し反応して、赤い湿疹とともに痒みが一面に広がる。腕時計すら出来ない。夏になるとシャツ越しだというのに、ベルトのバックルで金属反応しお腹が一面真っ赤になり皮膚科のお世話になる厄介な身体。








「結婚指輪が欲しいな」








ひな祭りが済んだ数日後に、結婚記念日を迎える。その時に、結婚指輪が欲しいなと、金属アレルギーの僕に言ってくる。








「金属アレルギーでも付けられる、指輪があるらしいよ」








「僕はいいから、じゃあひとつだけ買おうか?」








「ひとつ? 結婚指輪やのにか?」








オモロイ事を言うオッサンやなって目で、ジロリと僕を見てくる。








「指輪よりも、ステアリング(くるまのハンドル)が欲しいねんけど」なんてコトバが、舌の先まで込みあげてきた。妻の目を見てソロリと呑み込み、とりあえず黙ってネット通販のカートに入れてみた。



















[PR]
by saibara31 | 2017-02-25 20:48 | あなた天使ちゃん | Comments(2)

日直の日の朝

c0104242_19563738.jpg
FUJIFILM X100T







妻と娘が、着替えのことで朝から言い争いをしている。








清々しい朝から大きな声でワーワーと言うのは、成長するホルモンと成長してきたホルモンのバランスが原因なのだろうか。








ぬるくなったコーヒーを一気に呑みほして、娘の横をすり抜けパタパタと僕は聞こえないふりしてトイレに篭る。








部屋に戻ると妻と娘が味方になっていて、ふたりで僕を攻撃してきた。















[PR]
by saibara31 | 2017-02-24 19:58 | あなた天使ちゃん | Comments(0)

絶妙圧

c0104242_21144260.jpg
FUJIFILM X100T







「マツダ デミオ 15MB」 








5HB 2WD SKYACTIV-G 1.5 6MT ジェットブラックマイカ







 
注文書の控えが昨夜ポストに届けられていた。








マニュアルトランスミッションの車に乗るのが9年ぶりで、ドアが4つ付いた車に乗るのなんて18年ぶりになる。








ずっとBセグメントの車だという点では、一貫してるのだけれど。








「パパが若かった頃って、信号無かったん?」








娘は僕を何時代の人間だと思っているのだろうか。















[PR]
by saibara31 | 2017-02-23 21:16 | デミオ 15MB | Comments(0)

果てしなく遠く険しい道

c0104242_19500272.jpg
FUJIFILM X100T






「パパ、久しぶりに囲碁打とうよ。」








宿題も早々に終え、公文の書写から帰ってきた娘の機嫌が気持ち悪いくらい良かった。お習字を習っているのは、プロ棋士になって扇子に筆でサインしないといけないからだと言っていた。娘にとって、とても理にかなった習い事というわけだ。








「宿題の本読みしたろか?」








お風呂に入る前に、本読みを僕に聞かせてくれるという。こくごの教科書を両手で持って、どこかのショッピングモールの場内アナウンスみたいな途切れ途切れの癖のあるアクセントでサラサラと読みあげる。文章の語尾が面白く吊り上がっているのが特徴だ。小学校4年生になったら、放送部に入って「お昼の放送」を担当したいのだと言っていた。








プロの囲碁棋士になった時に、対局者の前に座って「黒 17の四、右上隅小目」とかスラスラと言いたいからという理由らしい。








プロ棋士になって、”記録係”の読み上げがやりたいという娘の夢のような高みに、来月から囲碁教室の月謝が上がる。
















[PR]
by saibara31 | 2017-02-22 19:53 | 女流棋士への道 | Comments(0)

スタイル

c0104242_20525526.jpg
FUJIFILM X100T








今乗っているPOLOさんや、X100Tというカメラに、いままで一切の(外見上の)カスタマイズをしていない。







僕が降りた車はまるでレンタカーなのかなってほど、新車で買ったときのままの無機質な姿だ。カメラだって、購入したときについていた味気ないストラップを付けたままで、アクセサリーの類はまったくない。シリアルナンバーが無ければ、僕のだと言えるものが何もない事に気がついた。新しい車が届いたら、今度は地味にいじってみたい。







ある写真家さんの撮影スタイルを動画サイトで観た。ストラップを使っていないのが恰好良いなと思って来週くらいから僕も真似してみようと思った。







たしかに首からカメラをぶら下げていると両手が使えて便利な時もあるのだけれど、もっと自由に撮影したいと思うときにストラップが邪魔だったりする。片手にさりげなく持ったカメラで、まちにレンズを向けるというシーンは素敵だ。







でも、物忘れがヒドい僕は、きっとどこかに大事なカメラを置き忘れてくる自信があるからやっぱやめとこうか。

















[PR]
by saibara31 | 2017-02-21 20:53 | X100T カメラ 写真 | Comments(0)

6AT

c0104242_21144587.jpg
FUJIFILM X100T







日曜日の朝、そろりと家を出たら暗闇の中に明るく光る星が3つ4つ見えた。








エンジンを掛けた運転席で、放射冷却現象で白く凍ったフロントガラスが溶けるのをぼんやりと眺めながら行き先を考える。荷物は、内ポケットに入れた二つ折りの財布と、助手席へ無造作に置いたX100Tただそれだけ。今日はカラーで撮ろうと前日の夜から考えていたので、カメラにはクラシッククロームをベースにカスタムしたものが新たに登録されている。








ETCカードを差し込み東へ走ろうと決めた頃、フロントガラスの視界は綺麗に晴れていた。








来月サヨナラするPOLOさんとのドライブ。ドライブモードからシフトを右に倒して、アクセルペダルを優しく踏み込んだ。















[PR]
by saibara31 | 2017-02-20 21:33 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)

デシベル程度

c0104242_22121419.jpg
FUJIFILM X100T







「パパも、あんな音にしたいわ。」







隣の車がグオングオンと素敵なマフラー音を響かせて、コンビニエンスストアの駐車場を出て行った。水を買いに行った妻を待っている間に、ハンドルにもたれながら娘にいう。







「パパの今度の車は、速いの?」








退屈そうに靴を脱いだ足をブラブラさせて僕に訊く。







「んー。”ブオンブオン”言うマフラー付けたら速くなるかな。」







ブラブラさせた足を止めて僕を睨みつける。







「パパ、そんなことしてたらポリに捕まるで」







”警察24時”とかいう番組が好きで毎回好んで観ている娘は、お巡りさんのことをいつからか「ポリ」と呼んでいることに、ちょこっと笑ってしまった。

















[PR]
by saibara31 | 2017-02-19 22:15 | デミオ 15MB | Comments(0)

FUJIFILM X100T で撮った写真ブログ&兵庫及びその周辺まち歩きとドライブ日記。 (2015年3月19日以降のブログの写真から Fujifilm X100Tで撮っています) * このページはリンクフリーです。


by saibara31