カテゴリ:あなた天使ちゃん( 264 )

貯められない人

c0104242_21201896.jpg


c0104242_21202940.jpg


c0104242_21204095.jpg
FUJIFILM X100T







「今日はお風呂やめとくわ」








昨日から少し鼻風邪気味の娘が、枕を胸の前で抱きながら僕に言う。着替えだけ急かせて、僕は一人ハダカになって浅くてヌルい湯船の待っているお風呂に入る。








シャワーの温度は42℃。冬場に比べると、随分と設定温度が下がった方だ。








「パパー、パパー」








全身をボディーソープで泡まみれにしてから、シャンプーで髪の毛だって一気に洗う。俯きながら、頭を擦っていると、プラスティック製のスリガラスの向こう側から娘の声が聞こえた。その声が、だんだんと近くなって、ガチャリとバスルームの折れ戸が少しだけ開いた。








「パパと同じ、惜しげも無くお金を使う人がテレビに出てるでー」








僕に聞こえる声で叫ぶだけ叫んで、ドアを閉めてパタパタと部屋へと戻ってゆく。









意味のわからない僕は、シャワーで全身の泡を流し終えると、浅い湯船に沈んだ。



















[PR]
by saibara31 | 2017-04-24 21:21 | あなた天使ちゃん | Comments(2)

記憶の泉

c0104242_22154010.jpg
FUJIFILM X100T








「新しいクラスになって、自己紹介とかしたん?」








ぬるめのお湯にポチャリと浸かりながら、顔を横にして長い髪の毛を洗う娘に訊いてみた。








「いいや。せーへんよ。だって、知ってる子ばっかりやもん」







娘の話によると、近頃はクラス替えをしても自己紹介などしないのだという。2年生が始まって、ちょうど2週間が経ったところだ。









「男の子の名前全員言うたろか?」








手のひらにシャンプーを溜め、少しづつ指先に付けて地肌を揉みながら僕をチラリと横目で見る。








俯きながら、16人全てフルネームで出席をとる先生のように言ってゆく。









口まで湯船に浸かり僕は静かに訊いていた。その暗記力を、もっと他に使おか。


















[PR]
by saibara31 | 2017-04-20 22:30 | あなた天使ちゃん | Comments(2)
c0104242_21022653.jpg
FUJIFILM X100T







銀杏やらっきょうの類いが苦手だ。食べず嫌いというわけではないけれど、どうも喉を通過していかない。








コンビニエンスストアの隅に置かれたワゴンに、「半額です」と札の掛かけられた”らっきょう”が何故か気になった。








恐ろしく辛いカレーが急に食べたくなってしょうがない。

















[PR]
by saibara31 | 2017-04-19 21:04 | あなた天使ちゃん | Comments(0)
c0104242_21431383.jpg


c0104242_21432449.jpg


c0104242_21433361.jpg
FUJIFILM X100T







そこには、桜と木蓮とチューリップが同時期に楽しめる場所があった。








「ムカつくな」








スギ花粉症である僕の症状が小康状態になった事を、ヒノキ科の花粉症絶好調の妻が後ろをポチポチ歩きながら文句を言う。








濃いピンクが美しい枝垂れ桜の下で、娘と妻を夕方の太陽を背に並べフラッシュを使って一枚撮った。








太陽の眩しさで、マニュアルフォーカスのピントすら合っているのかどうかその場ではわからなかった。








パソコンの画面に写しだされた写真を見ると、作り笑いをした妻と膨れっ面の娘が柔らかい光の中に包まれていた。















[PR]
by saibara31 | 2017-04-16 21:45 | あなた天使ちゃん | Comments(2)

サクラフブキ

c0104242_20050130.jpg


c0104242_20051195.jpg
FUJIFILM X100T






「どこに変えても大した番組やってへんわ。」








線の繋がっていないコタツの中から顔だけ出して、コマーシャルが始まる度にチャンネルをコロコロ変えている。横でノートパソコンの画面を観ている僕は、視線に入るテレビ画面が気になって娘に口を出す。








「面白いのんやってるかも知らんやん」








超関西ローカルのサンテレビまできたところで、娘のリモコンを押す手がとまった。








「遠山の金さん」 (再放送)








娘は、時代劇と、サスペンスと、韓流ドラマは譲れないらしい。















[PR]
by saibara31 | 2017-04-11 20:06 | あなた天使ちゃん | Comments(0)

探しもの

c0104242_21311662.jpg
FUJIFILM X100T








僕は今、お菓子の「カール」みたいな形状をしたゴム製の「クリップ」を探している。








昨日、ホームセンターで1時間47分間探してみたが、それらしきモノは見つけられなかった。








今日は、100均を回ってみたが、ピンと来なかった。赤ちゃんグッズのお店も回ったが、的外れだった。








「ハンズとか行ったらあるかな?」








妻特製”モヤシの比重が多い炒めモノ”を頬張りながら、形状を説明した紙を妻に見せて言ってみる。









「うーん、あっこやったらあるんちゃう? ほら」








「あーあーあっこか」








僕は頭に浮かんだ絵と名前を重ねあわせるために、箸をパカパカ動かした。










「ロフト !!」









妻と声を合わせて喜んでみたが、そんな得体のしれない商品がいくらロフトとはいえ売っているとは思えない。


















[PR]
by saibara31 | 2017-04-06 21:32 | あなた天使ちゃん | Comments(2)
c0104242_22410796.jpg



「お洒落なお店でランチが食べたい」








妻からの要望で、納車後の15MBデミオの初ドライブは夢前(ゆめさき)に決定した。高速道路が使えて、適度なカーブのある道が走れて、信号があまり無い場所。各ギアの特徴や、ハンドル、シフトフィーリングの一つ一つを確かめながら、ボチラと進む。








中国道の夢前スマートインターチェンジを降りると、一般道をノコノコと約20分弱。田園風景が広がるのどかな場所にある「itsumo」さん。ランチ時だったので、お店の前は車で溢れるほどの人気ぶりでした。





c0104242_22412747.jpg





時間がゆっくりと流れていそうな空気感で、お店の近くで繋がれたヤギさんに癒やされ、食堂の順番を待ちました。(月替りのごはんランチは完売でした。電話予約すれば良かったみたいです)





c0104242_22411616.jpg





食堂の横は、雑貨屋さんになっていて、センスのいいお洒落な雑貨が並べられています。








「バレンタインのお返しもらってないからなぁ~」





c0104242_22415900.jpg




2対1のこの孤立感はなんだろう。夢前産の米粉を使用したバケットに、サーモンフライと野菜がぎっしりサンドされたパンランチにかぶりつく。パクチーが程良いアクセントになっていて、口の中でフライのアブラが中和されてゆく。





c0104242_22421137.jpg







「今度は、ごはんランチが食べたいなー」





c0104242_22414034.jpg






ミルクを混ぜたコーヒーを飲みながら妻がこう言う時は、”また来たい”ということです。































[PR]
by saibara31 | 2017-04-04 22:49 | あなた天使ちゃん | Comments(0)

こうないぼうりょく

c0104242_21012075.jpg
FUJIFILM X100T






ほうれん草とツナのサラダを頬張っている横で、妻から借りたキメの荒そうな小さいメガネクロスを使って、キッズ携帯の画面を娘が撫でていた。








「画面が汚れた? パパが綺麗にしたろか?」








箸を咥えて、娘の携帯電話をヒョイと取り上げた。冬の温かい部屋にある曇りガラスのように、画面の中央が白く濁っている。妻のクロスでは、曇りを線状に広めているだけといった惨状。見るに見かねて僕は鞄から、タブレットの画面を拭くのに使っている柔らかいクロスを取り出した。








口を開け画面に向けて”ハァハァ”と息を2回吐き出す。








画面全体が白くなったところで、一気に拭き取る。








キッズ携帯の画面がふたたび輝きを取り戻したところで娘に返し、何事もなかった顔をして僕はほうれん草の続きを口に運んだ。








携帯を受け取った娘は、そろりと部屋の片隅に移動し、曇りのない画面を鼻に当てている。








「匂うな・・・」















[PR]
by saibara31 | 2017-03-30 21:02 | あなた天使ちゃん | Comments(0)
c0104242_20225402.jpg
FUJIFILM X100T







まだ納車もされていないのに、クルマ用品をネットで注文してしまった。








はじめて取引するお店だったので、カード決済ではなく手数料は掛かってしまうけれど代引き取引にする。








噂通りの優良なお店で、注文後の手続きも迅速。当日発送してくれて、今日の18時~21時に荷持が届く予定だ。









「宅配で荷物が届くからー」








「何買ったん?」








「く、クルマの何やったかなぁ・・・」








「なんぼやったん?」








「んー。なんぼやったんやろか・・・・」








僕は近頃、突発的に記憶喪失になるらしい。














[PR]
by saibara31 | 2017-03-29 20:24 | あなた天使ちゃん | Comments(2)

理想より現実は賑やか

c0104242_21524137.jpg


c0104242_21525687.jpg
FUJIFILM X100T








僕は、クルマに”ドリンクホルダーなんか要らない派”へ属している。








なのに日本で売られる車には、ドリンクホルダーが無いと売れないという信仰があるらしく、ほとんどの場合付いてくる。








もうすぐ納車される僕のクルマだって例外ではない。モーターベース車を謳っておきながら、アチラコチラにドリンクホルダーが主張しているのだ。








助手席のシートに、無造作に置いたX100Tというカメラと、ペットボトルの水を転がせて置けばいいじゃないか。








コーヒーが飲みたくなったらCafeに行けばいい。








「はい、パパの分」








ディスカウントスーパーで買ったストローを挿して飲むタイプの甘ったるいコーヒーを僕に手渡す。ナビゲーションシートに座る娘は、炭酸の強いジュースを開けている。妻は、コンビニのホットコーヒーを手にしていた。POLOさんの3つしかないドリンクホルダーの場所取りが始まる。









いつだって現実は、こういうもの。









昨日、X100Tの十字キーの左に、「フラッシュ」を割り当ててみました。








何事も、やってみて前へと進む。
























[PR]
by saibara31 | 2017-03-27 21:56 | あなた天使ちゃん | Comments(0)

FUJIFILM X100T で撮った写真ブログ&兵庫及びその周辺まち歩きとドライブ日記。 (2015年3月19日以降のブログの写真から Fujifilm X100Tで撮っています) * このページはリンクフリーです。


by saibara31