カテゴリ:VW POLO 9N後期( 48 )

ポートレイトポロ

c0104242_22112215.jpg
FUJIFILM X100T








冷却水は、毎年冬になる頃に補充しなければならなかったけれど、特に故障というトラブルは経験しなかった。運転するということに関わる以外に、「こんなとこ壊れる?」というのは数点あったけれど、今思えばご愛嬌。








各種ボタン類の作りこみや、フォント、丁寧なイルミネーションに僕は色気を感じていた。








非力なガソリンエンジンをアクティブに回すでもなく、マイペースでステアリングに伝わる重みを少しの時間楽しむ。コンパクトカーなのに、重厚感のあるボディが頼もしい。








パーキングエリアにとめたPOLOさんが、キラリと輝いて見える。








お別れの日までもうすぐかな。









温かい缶コーヒーを地面に立て、僕はシャッターを静かに押した。


















[PR]
by saibara31 | 2017-03-28 22:16 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)

朝ドラ

c0104242_07323938.jpg


c0104242_07324535.jpg
FUJIFILM X100T







3ドアハッチバックなPOLOさんの運転席側のドアを開け、運転席のシートを倒した状態にしてから、後部座席の前を通って助手席に座るのがいつものパターン。僕がハンドルを握る横で、ちょこんと娘が座っている。








朝から写真を撮りに出掛けようかと誘い、朝の6時半。グラデーションを描いた空に、斜めからオレンジ色の光が差し込んでいる。自動車道の手前にあるコンビニエンスストアで、温かい飲み物2つと、芋けんぴを一つ買った。








「今度の車はさぁマニュアル車やから、ギコギコシフトチェンジしながら走るねんで」








一つ目のインターを降りて川を越えると、ドライブモードからマニュアルモードに倒す。エンジンを少し回してからプラス側へシフトした。








「マニュアルって何よ?」








芋けんぴを咥えた娘が、短くなった鉛筆ほどの芋けんぴを一つ僕に手渡す。娘が産まれる前にはマニュアル車に乗っていたのだけれど、遠い昔のように感じた。








「知らんか。イニシャルDってアニメで、豆腐屋のお兄ちゃん達が乗ってる運転席憶えてへん?」








しっとりカリカリした芋けんぴを一つ齧ると、自分から娘の持っている袋の中へ手を伸ばして3つほど欲張った。








「あー、あれね」








何とも言えない微妙な答えが返ってくる。








速度違反の交通取り締まりの時に配置される白い四角い機械の事を、”絹ごし豆腐”と僕が呼ぶものだから、娘はホンマモノの絹ごし豆腐がセットされていると信じている。








横を通過した時に、豆腐を壊すと検挙されるという仕組みだ。道ばたに散らばった豆腐は、カラスが綺麗に片付けてくれるというのを、「はじめてのおつかい」という番組で見たので、もう点と点が娘の中で繋がっているというわけ。








警察に豆腐を納品してるのが「藤原豆腐店」で、壊さないように走るのがタクミ君というのも。








「残りは全部パパにあげるわ」








袋の奥で粉々になった芋けんぴの残りを僕にくれる。口の中へまとめて入れて、少し苦い缶コーヒーで流しこむ。









オーディオパネルの横から飛び出たドリンクホルダーに置いた娘の紅茶が、ダム湖のあるコーナーでチャプチャプと激しく揺れていた。



















[PR]
by saibara31 | 2017-03-19 07:34 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)

6AT

c0104242_21144587.jpg
FUJIFILM X100T







日曜日の朝、そろりと家を出たら暗闇の中に明るく光る星が3つ4つ見えた。








エンジンを掛けた運転席で、放射冷却現象で白く凍ったフロントガラスが溶けるのをぼんやりと眺めながら行き先を考える。荷物は、内ポケットに入れた二つ折りの財布と、助手席へ無造作に置いたX100Tただそれだけ。今日はカラーで撮ろうと前日の夜から考えていたので、カメラにはクラシッククロームをベースにカスタムしたものが新たに登録されている。








ETCカードを差し込み東へ走ろうと決めた頃、フロントガラスの視界は綺麗に晴れていた。








来月サヨナラするPOLOさんとのドライブ。ドライブモードからシフトを右に倒して、アクセルペダルを優しく踏み込んだ。















[PR]
by saibara31 | 2017-02-20 21:33 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)
c0104242_21395020.jpg
FUJIFILM X100T







近々、9年目の車検を迎える前にPOLOさんとお別れすることになりました。走行距離は、9万Km目前。娘が妻のお腹にいる時から、今までずっと一緒だった車。このクラスで8つも付いているエアバックと重厚なボディのおかげで家族の安心を乗せて無事故で走ってくれた。







ねじねじのアンテナと、ブルーに光るメーター、そしてディーラーのお姉さんがキレイだったからという理由で購入した車だったけれど、8年経った今振り返ってみても、「好きなところは?」と訊かれれば同じ答えをするとおもう。







慣れ親しんだ車で、娘とドライブ。







次、我が家へ迎える車は、娘の思春期と共にたくさんの思い出をつくることになると思うと少し感慨深い。
















[PR]
by saibara31 | 2017-02-06 21:42 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)

15MB 発注

c0104242_21160513.jpg
FUJIFILM X100T







9年目の車検が5月にやってくる我が家のPOLO(9N後期型トレンドライン)さん。今後の維持費・修理費を天秤にかけると、次の車検は通さず乗り換えの方向で家族会議は賛成多数で可決した。同時に、FUJIFILM X100Fへの乗り換えは無くなった。







今度の車は、”マツダ・デミオ”。この選択に競合する相手もなく、僕のツボを一撃で突いてきた車を見つけてしまった。







日曜日、デミオのハイオクガソリン仕様1.5リッター、6MTのブラックを発注してきました。快適装備と呼ばれるものを限りなく排除し安全装備も最低限にした、モーター・スポーツのベース仕様車、それがデミオ15MB。







ナビゲーション等々、その他ユーティリティー装備には僕はあまり興味はない。居住性なんてどうだっていい。







それよりも、アクセルを踏んでクラッチを繋いだ瞬間に、心にポッと火が点るようなそんな車にずっと乗っていたい。







「デミオってさぁ、マニアックな車なん?」







家に帰った夜遅く、ごろりとコタツで横になった妻が少し身体を起こしボソリと僕にいう。ディーラーで、”15MB”というと、「またマニアックなの見つけてきましたね」的なことを、会う人会う人が言ってくるのを、妻は不思議な顔で見ていたのだ。







「ん・・・。何も付いてないグレードだからかなぁ?」







アルミ製ペダルや、マツダスポーツのシフトノブが見積もり書にフロアマットに紛れてラインナップされていた。しかも、モーター・スポーツ仕様というだけで、アイドリングストップ機能が付いているくせにエコカー減税からの除外車。保険料金もPOLOより上がる見通し。「この車買って、イジるんでしょ」「この車で、レースするんでしょ」「スピード出すんでしょ」「事故するでしょ」を前提にされているらしい。







僕は、ノーマルのままで普段使いで乗るつもりだ。もちろん安全運転で。







でも、僕がマニアックであるのだけは何も否定はしない。













[PR]
by saibara31 | 2017-01-31 21:23 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)

お嫁様

c0104242_22460766.jpg


c0104242_22462118.jpg


c0104242_22463143.jpg
FUJIFILM X100T







「嫁に出すからな。綺麗にしとこか」








午後から降水確率100に近い確率だというのに、ガソリンスタンドの洗車機へPOLOさんを通してきました。







ところで、嫁のもらい手はあるのでしょうか・・・。















[PR]
by saibara31 | 2017-01-29 22:51 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)

妄想中

c0104242_20505154.jpg
FUJIFILM X100T






「車を買い換えようか」







僕の乗っているPOLOさんが、9年目の車検を今年の5月に迎える。走行距離は9万キロ弱で、今回はそれなりに部品交換が必要になって、高額の出費が事前に予想されている。何気に言った一言で、「えっ!?」と妻と娘は盛り上がっていた。







車種や、仕様についての要望は何だっていいらしい。







ナビがあろうが無かろうが、何だって構わないらしい。







「いくらの? いくらの?」







それでも、値段だけには敏感に反応する。









--- ” マツダ デミオ 15MB ” が欲しい。







「どんな車?」







タブレットを覗き込んでくるから、ウェブサイトを開いてみせた。モータースポーツのベースモデルという事で、イジること前提の車。低グレードの内装に文句がないなら別にイジらなくてもファミリーカーとして十分乗れる。僕が一番惹かれたのが、マニアックなグレードで6MTだというところ。







保守派の妻と、革新派の娘が、車の色で揉めていた。















[PR]
by saibara31 | 2017-01-11 20:59 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)

冬の到来

c0104242_21101987.jpg
FUJIFILM X100T







朝、POLOさんに乗り込んで、イグニッションを回す。







エンジンが目を覚まし、暫くするとピーという甲高い音とともに水温計のマークをした赤い警告灯が点滅を始めた。







冬の訪れを教えてくれる僕のPOLOだけの(*1)便利な機能。















(*1) ちなみにリザーバータンクに水をMAX以上に足すとこの症状は出ません。 












[PR]
by saibara31 | 2016-10-27 21:13 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)
c0104242_21554296.jpg


c0104242_21555166.jpg


c0104242_21560013.jpg


c0104242_21560910.jpg


c0104242_21562023.jpg
FUJIFILM X100T







フォルクスワーゲン POLOの9N後期型というのに乗ってかれこれ8年が経つ。







実は今ごろになって、発見したことがある。9N後期型POLOに乗っている人が、どれほど居るのか知らないが、これは大発見なのかもしれない。







当時、このPOLOさんが日本で売りだされた時のウイークポイントが「ドアの音」だった。







Bセグメントの小型車なのに、ドアを閉める音が「重厚である」というのが”売り”だったようなのだ。実際はどうなのかというとよくわからないが、重いドアだというのだけは事実。「高級感がある音」というのは別として、それが「重厚な音」なのかと言えば、そうかもしれないという程度。







それともう一つの売りだったのが、「レーザー溶接」というもの。それによってどんなアドバンテージがあるのか知らないが、このことによってルーフ部分にある継ぎ目が目立たなくなった。車のデザインとしては、スッキリとしてとても優れた事だと当時は感心した。








ところが雨の日になると、ルーフの登頂部分から流れる雨の雫が、ドアを開けた車内に勢い良く滴り落ちるという目に何度も泣かされてきた。アドバンテージのはずの「レーザー溶接」のせいで、流れだした雨粒が境目の無いのをいいことに、今まさに座ろうとしているシートまでをも濡らすのだ。







このことを僕は、8年間も我慢してきた。







”洗車マニア”だった僕が、”写真”というのに気を取られるようになって、半年近く洗車を怠っていた。







水垢もくっきり縦縞を作りだし、あまりにも汚れが目立ち始めてきたので、重い腰をあげて短い晴れの合間に洗車をしてみた。







洗車といっても2リットルのペットボトル3本分の水を用意すれば、なんとかなる小型車。水を拭きあげたあとは、”プレクサス”で全身コートして仕上げるのだけれど、今回は天井部のみは水洗いだけにして、プレクサスを吹き掛けるのをやめた。







実は、これが正解だったのだ。







雨が降るとワックスを嫌うように大きく成長した雨粒がボディーを伝う。これが原因で車内を濡らしていたのだ。水洗いだけにして拭いただけにすると、雨粒が作られずボディを伝うことはなくなった。同時に、車内が濡れずに済んでいる。







8年経って知った事実に、ほんのちょっとだけPOLOさんに愛着を感じるようになった。



















[PR]
by saibara31 | 2016-09-23 22:03 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)
c0104242_22012235.jpg


c0104242_22013171.jpg


c0104242_22011484.jpg
FUJIFILM X100T







POLOさんのオーディオの左側に、飛び出し型のドリンクホルダーが付いている。右側には、カードフォルダーがあって、その隙間を利用してスタンドになりそうな細い棒状のものを突っ込んだ。ドリンクホルダーのスタンドの部分と、棒を支えにすると、僕の持っている10.1インチのタブレットが上手い具合に立てられることを知った。







「なんか、高級車みたいやん」







テレビだって観られるその環境に、妻がボソリと後部座席から顔を覗かせていってくる。







ナビも使えるし、メーター代わりにすることもできるし、インターネット検索も、電話も出来るスグレモノなのだ。そう考えると、「タブレットにして良かったなー」とあらためて思う。







「ありがとうが、しにくいねん。」







ただひとつ、欠点があるとすれば、ハザードスイッチが押しにくくなってしまったこと。対策部品の製作が急がれている。















[PR]
by saibara31 | 2016-09-16 22:02 | VW POLO 9N後期 | Comments(0)

FUJIFILM X100T で撮った写真ブログ&兵庫及びその周辺まち歩きと、デミオ15MBで行くドライブ日記。 (2015年3月19日以降のブログの写真から Fujifilm X100Tで撮っています。2017年4月2日以降のクルマは マツダ 15MBデミオ ”DJLFS”です。) * このページはリンクフリーです。


by saibara31