カテゴリ:デミオ 15MB( 15 )

c0104242_21121493.jpg


c0104242_21122266.jpg


c0104242_21123315.jpg
FUJIFILM X100T






15MBデミオに乗っている。モータースポーツのベース車なんだろうけども、どうもスタートダッシュが苦手である。僕がガンガン行かないからかどうかは分からないけれども、空いている早朝の幹線道路では、今時の軽自動車にも置いて行かれる始末。








ノコノコと走れる道が、このクルマにはあっている気がする。








それでも踏めばちゃんといい音で反応してくれるし、ステアリングの感覚も素晴らしい。








15MBデミオは、”まち乗り用”にと購入したけれど、「まち」へ出向くよりも最近は自然の中に置きたくなって、目的地も決めずにキレイな景色を探して運転を楽しんでいる。








クルマが変われば、僕の撮る被写体まで変わってきているのがコワイ。


















[PR]
by saibara31 | 2017-04-25 21:13 | デミオ 15MB | Comments(0)
c0104242_22273121.jpg


c0104242_22274233.jpg


c0104242_22275175.jpg
FUJIFILM X100T







スイミングの練習がしたい娘と、温泉に浸かりたい妻、ただただ運転がしたい僕の利害が一致する場所へ久しぶりの遠出ドライブ。








目的地は、るり渓温泉。









ここへは、先週土曜日に行くはずだった場所。ところが、走りだして30分位で、「気分が悪い」と娘が言い出す。新車特有の匂いと、フワフワとした乗り心地と”マツダが考えた新技術”にどうやら車酔いしている様子。確かに、ロードノイズは聞こえるが、タイヤ4本で地面の上を走っているという感じが薄いのは確か。








何かこう、”船酔い”に近いイメージかも。








体調面もあったのかもと、日曜日のきょう、再び「るり渓」行きへ。








今回は、”休み休み”がキーワード。走りだして30分でマックモーニングを挟み、その後もコンビニ休憩を2回入れ、6時40分に出発して目的地へ着いたのが、9時52分だった。普段なら、2時間ほどの道のり。








新車の匂いは時間が解決するとして、このフワフワ感を無くすには「ローダウンサス」しか無いのではないかと、僕は今日一日エコな運転を心掛けながら勝手な想像をしはじめている。















[PR]
by saibara31 | 2017-04-23 22:35 | デミオ 15MB | Comments(2)

遠出

c0104242_21361992.jpg
FUJIFILM X100T







明日は、早起きして15MBデミオで、少し遠出をしよう。








だから今日は早く寝ようと思うのだけど、ワクワクして寝付けないのは小学生の頃からちっとも変わっていない。















[PR]
by saibara31 | 2017-04-22 21:37 | デミオ 15MB | Comments(4)
c0104242_21122930.jpg


c0104242_21123724.jpg


c0104242_21124610.jpg
FUJIFILM X100T







低速ギアで引っ張って、まち中でせいぜい4速までしか使わなくても、POLOさんの時に比べて倍も燃費が良いのに驚いている。








調子に乗って、POLOさんの時の倍は、走っている。








それが証拠に、納車から2週間で、走行距離 1,000Kmを超えた。



















[PR]
by saibara31 | 2017-04-18 21:15 | デミオ 15MB | Comments(0)

オートマちっく

c0104242_22393191.jpg


c0104242_22392241.jpg


c0104242_22391398.jpg
FUJIFILM X100T







「近頃の車のマニュアルは、オートマチック車みたい」








そんな風に誰かが言っていたのを、「へぇー」と他人事のように訊いていたのだが、まさに今、僕がそのオートマチックっぽい仕立てのマニュアル車に乗っている。アクセル開度から何から何まで、コンピューターで制御されてますよ的な匂いがプンプンする。僕が教習所で教わった時に乗っていた車とは、全く別の次元のクルマに乗っているような気がしてる。









1速からアクセルを踏み込んで、クラッチを切りながらアクセルを緩め2速に入れる。回転数が急激に落ちないので、クラッチを切りながら微妙にアクセルを踏んで回転数を合わせてなくてもいい。2速に入れクラッチペダルを上げるより先に、アクセルペダルを踏み込み始める。この2速だけは、なんだか気持ちギクシャクするのだけれど、3速以降は同乗者が変速ショックを感じないほどスムーズ。








何かに「制御」されている感じがある。








まぁ、ようはコンピューターなんだろうけれど。








マニュアル車といって、僕は自分が操作している気でいるが、実はコンピューターに操られて運転しているんじゃないだろうか。









僕は、ワクワクしながら今日も緑に光ったエンジンスタートのボタンを押している。

















[PR]
by saibara31 | 2017-04-15 22:47 | デミオ 15MB | Comments(2)
c0104242_22165756.jpg


c0104242_22174330.jpg


c0104242_22175828.jpg
FUJIFILM X100T








デミオが納車されて、1週間が経った。楽しすぎて、すでに500Km以上も走っている。









娘を実家に預けて、妻と片道40分先にあるスーパーまでドライブに出掛けた。娘がいると助手席に座るものだから、納車後初めて僕の隣に妻が座った。








フォードのKAというマニュアルトランスミッションのクルマに乗っていた頃は、結婚前でまだ彼女という存在だった。シフトレバーを握ると、彼女のふくらはぎに触れてしまうほどの狭いクルマだったのを思い出す。







クルマという乗り物は、いつだって人間工学に基づいてデザインされていることが多い。ステアリング、ペダルにシフト、エアコンやオーディオのレバーやスイッチ類。そういうなかで僕の目に特別異質に映るのが、グレードに関係なくデミオのサイドブレーキの場所が不思議に見える。これは、通常のデミオ様に配置されているマツダコネクトという操作ダイヤルがある場所の関係でそうなっているのは割りに想像がつく。だけれどもマツコネが関係のないこのクルマで、この位置にあるサイドブレーキに慣れるには、少し時間が必要かもしれないと思った。








マニュアル車には坂道発進で2秒間ブレーキを掛けた状態にしてくれる「ヒル・ローンチ・アシスト機能」というのが付いているのだけれど、昭和な僕は頑固にサイドブレーキ派だから、少し遠いその場所に左手が戸惑ってしまう。








とか言いながら、サイドブレーキに手を掛け、妻の太ももにそっと触れている。

















[PR]
by saibara31 | 2017-04-10 22:19 | デミオ 15MB | Comments(0)
c0104242_21372967.jpg






僕は、スマートフォンを持っていない。理由は、「スマートフォン」という名前のわりに、全然スマートに見えないからだ。だからと言って、電話をガラケーでしているわけではない。








”Xperia Z4 Tablet”という電話のできるタブレットで、電話もメールもまかなっている。LINEはしていない。みんながしていそうな事をするのがあまり好まない、俗にいう面倒くさいあまのじゃく人間だ。だからかどうか、デミオも「15MB」というのを選択している。








僕の15MBデミオには、通常のデミオ様に付いているマツダコネクト(通称マツコネ)というモニター画面が付いてない代わりに、USBも使えるAM/FMラジオが付いているだけで、この味気なさが気持ちいいと思った。納車前は、ラジオも棒のようなアンテナも要らないと思ったが、妻と娘を乗せるときにはUSBメモリに入れた音楽をこのオーディオで再生できるので、便利に使わせてもらっている。








c0104242_21375329.jpg









「Android Auto」 というアプリを使っている。








運転中にタブレット(スマートフォンも)を、音声だけで動かす事のできる便利なアプリケーション。画面をタッチする事なく、ナビが使えたり、電話が出来たり、検索が出来たりする。僕は普段あまりナビは使わないのだけれど、全てをハンズフリーでおこなえるこのアプリケーションは使えると思った。







c0104242_21374357.jpg








味気ないセンターパネルに、タブレットが収まる場所が必要だった。








シフトの前にあるスペースがその候補。カールのようなクリップを自分で試作してみたが、接着面積があまりに狭すぎタブレットの重さで剥がれ落ち失敗に終わる。ホームセンターで売っていた170円位の棒状の両面テープの付いた黒いウレタンを貼ってみた。大きいかなと思ったが、収まりは良さそうだし問題も無さそう。ただ、マニュアルのシフトには干渉しないけれど、マニュアルエアコンのダイヤルも運転中は触れなくなる。それだけ我慢。








まち乗り用に選んだ15MBデミオ。現在のところ、何の不満もありません。


















[PR]
by saibara31 | 2017-04-09 21:40 | デミオ 15MB | Comments(2)

日ハムファン

c0104242_19161509.jpg


c0104242_19162555.jpg


c0104242_19163392.jpg


c0104242_19164393.jpg
FUJIFILM X100T







15MBデミオが家に来てから、ブログの更新する時間が無くなってしまうほど僕はクルマに乗っている。








今まで少し億劫で、躊躇してしまうような場所へも率先して行くようになった。








行きも帰りも、僕はニヤニヤと笑っている。

















[PR]
by saibara31 | 2017-04-08 19:19 | デミオ 15MB | Comments(2)

イナカグラシ

c0104242_21362754.jpg


c0104242_21363805.jpg


c0104242_21364759.jpg
FUJIFILM X100T







デミオがウチに来てから、僕は寝不足気味。








初日に感じた感想だけれど、ウインカーのコツコツいう音がものすごく心地いい。








レバーを少し動かすとウインカーが3回点滅するのは、フォルクスワーゲン車みたい。








「ウチも古民家改造して、お店する?」








身を乗り出した妻がニコニコしながら僕に言う。








「え!? 公民館改造するの?」








娘を通ると、だんだんスケールが大きくなってゆく。















[PR]
by saibara31 | 2017-04-05 21:39 | デミオ 15MB | Comments(4)
c0104242_21025696.jpg


c0104242_21024402.jpg


c0104242_21030440.jpg
FUJIFILM X100T






僕の新しいクルマ、「デミオ15MB」が納車の日を迎えた。9年間乗ったPOLOさんは、妻も運転するからという理由でオートマチック車にしたのだけれど、一度もステアリングを握ることなく嫁に出す日が来たことになる。








「私、こんな車が良かったな」








納車前の商談ブースで、ストローを使ってオレンジジュースを吸っている娘が、壁に掛かった赤いロードスターの写真を見て僕に言ってくる。「大人になって、自動車免許取ったら自分で買いよ。パパも乗せてな。」と、娘の頭をゆるゆる撫でる。








「私はあんなんが良かった」








ブースの入り口付近に座っていた妻までもが、自分の後ろに展示されているCX-5を指差している。女性は視界の高い車を好むといった記事を何かで読んだことがあるなと、目の前に出された濃く泡立ったコーヒーを啜りながらふわっと思い出した。担当の営業さんが自動車保険の手続きのためにパタパタと、ブースと事務所を行ったり来たりしている。








今度のクルマはデミオという小型普通車。ディーゼル、ガソリン、オートマ、マニュアル、他にも色々な選択肢があるらしいが、要らないものを極力排除したシンプルなこのクルマに僕は惚れた。1.5リッターハイオク仕様のガソリンエンジン、マニュアルトランスミッション車。エアコンだってマニュアルだ。








「何色の車なん?」








いよいよ納車ブースへと案内されぞろぞろ歩いている時に、娘が僕を見上げた。「黒やけど」・・・、みんなで決めた色じゃないかと、僕は首を傾げた。








「えー!? クロ? 私、赤が良かったなー」








僕は聞こえないフリをして、ブースに鎮座しているデミオと対面した。モーターベース車という位置づけの15MBというクルマなので外見的にあまり期待していなかったのだが、これが想像以上に恰好良かったので少しニヤけた。先人様が、「こうだったらいいのに」という声をメーカーさんが吸い上げてくれたお陰か、改良型デミオは15MBにも程良い具合に反映されていた。








「えー!? ちょっとー、この車、マニュアルやんかー」








オプションのアルミペダルと、マツダスピードのシフトノブを見た妻の声がブースに響く。








グラタンを注文した筈なのに、熱々のドリアを持ってきてしまった店員さんのような顔をして立っている営業さんと目が合い、僕は少し気まずくなって頭をポリポリ掻いた。














[PR]
by saibara31 | 2017-04-03 21:10 | デミオ 15MB | Comments(6)

FUJIFILM X100T で撮った写真ブログ&兵庫及びその周辺まち歩きとドライブ日記。 (2015年3月19日以降のブログの写真から Fujifilm X100Tで撮っています) * このページはリンクフリーです。


by saibara31