塵すら敵

c0104242_21452126.jpg
FUJIFILM X100T







家の中にいる時も、マスクをすると楽だという事に最近気がついた。それからというもの、寝る直前までサージカルマスクをしている。








「明日、花粉多いんやって」








天気予報で知り得た情報を、そのまま妻に聞こえる声で言った。「へぇー」という愛想のない返事が、キッチンから返ってくる。








「まさか、洗濯物を外に干してへんやろな?」








「干してるよ」








「花粉を落としてから取り込んでないんやろ?」








「そんな面倒くさいことするかいな」








真夜中に花粉症の症状が非道くなって、2時半頃から朝方まで夢と現実の境を行ったり来たりしている僕の原因が見つかった気がした。







「今日から、洗濯物、外干し禁止な!!」








そう妻に言って、朝、僕は仕事に出掛けた。








夕方、家へ帰ると、僕の洗濯物だけが部屋干しされていた。
















[PR]
# by saibara31 | 2017-03-25 21:48 | あなた天使ちゃん | Comments(0)

モーニング

c0104242_20430550.jpg
FUJIFILM X100T







娘のメロンパンの食べ方に、朝から妻が吠えている声で目が覚めた。メロンパンの上の甘くて美味しい部分だけを削ぐように食べている絵が想像される。子供の頃の僕の食べ方そのままに遺伝されているだろうから。案の定、お皿の上には、悲惨な禿げ坊主のメロンパンが乗っていた。








それでも娘は負けておらず、立派な口ごたえで応戦しているところだった。








「朝から賑やかですな」








モシャモシャと頭を掻いてテーブルの端っこにつく。タブレットの電源を入れて、Googleのカードを一枚一枚閲覧する。「命の母A」と「樋屋奇応丸」がこの二人には必要じゃないのかとそれぞれの顔を見て思った。








「塩パン焼いたろか?」







妻と目があった。昨日パン屋さんで購入した袋を僕に見せてくる。「うん」と言ったものの、焦げたパンは食べたくないので、トースターのタイマーを捻ろうというタイミングで声を掛けた。







「塩パン焼くのは、30秒でええからな」







妻が淹れてくれた少しぬるくなったインスタントコーヒーを一口啜る。








「うるさいオッサンやな」








妻と娘が、口を揃えて僕に向けて言ってくる。一年生最後の金曜の朝だった。














[PR]
# by saibara31 | 2017-03-24 20:45 | あなた天使ちゃん | Comments(2)
c0104242_21320885.jpg


c0104242_21315905.jpg


c0104242_21323733.jpg


c0104242_21322845.jpg


c0104242_21314684.jpg
FUJIFILM X100T







5世紀って言われても、いつごろなのかピンと来ないのだけれど、その頃に造られた古墳が点在する公園が加西市にある。朝日と夕陽が隠れぬこの地に、神秘的な美しさと不思議な力を持った巫女である根日女(ねひめ)のために築かれた墓だという。








その一部が、子供の遊ぶ公園になっている。








一部といっても、かなり広大なのだけれども。








遊具で遊ぶ娘の横にいると、知らない女の子が僕に「一緒に遊ぼう」と話し掛けてきた。この公園で、そう声を掛けられたのは、今回で2度目だ。








21世紀って、こんなところ。








いつだって微妙。














[PR]
# by saibara31 | 2017-03-23 21:37 | 北条鉄道 沿線散歩 | Comments(0)
c0104242_21294729.jpg


c0104242_21292010.jpg


c0104242_21292910.jpg


c0104242_21293870.jpg


c0104242_21301357.jpg


c0104242_21300540.jpg


c0104242_21302414.jpg
FUJIFILM X100T







法華口駅で、レンタサイクルが利用できる。娘の自転車だけは車に積んで、僕と妻は法華口駅で借りることにした。電動アシスト付き自転車が一日一台500円。最初のひと漕ぎの押される感じで、今まで経験したことのない感覚に笑った。








「こんなん欲しいー」








もう普通の自転車には戻れなくなるようなこの軽快感。

 






「北条町まで行くー」








息巻く娘をあいだに挟んで、僕らは線路沿いにある細い道を北へと向かった。








播磨下里駅に立ち寄り、長駅に着くと、顔見知りの方々が温かく迎えてくれる。ここから先を目指す体力は、コーヒーをいただいた時点で、僕には残ってなかった。善防山を望む公園をぐるっと回って、法華口駅へと戻る。お尻がいい感じで痛くなり、良い運動が出来たと満足する。物足りなさそうな娘が、駅舎の前をクルクル回る。








「自転車で200Km走るんです」








法華口駅でロードサイクルに乗った女性に話を伺って、アシストされて文句を言ってる自分が恥ずかしくなってしまった。




















[PR]
# by saibara31 | 2017-03-22 21:32 | 北条鉄道 沿線散歩 | Comments(0)

カサイをアソブ #01

c0104242_21345449.jpg


c0104242_21350304.jpg


c0104242_21351564.jpg


c0104242_21352221.jpg
FUJIFILM X100T







週に一度の土曜日になると、昭和の風が吹くという駅が北条沿線にあると訊いてやってきた。








月に一度の土曜日しか休みにならない僕は、娘を乗せたPOLOさんで、この時とばかりに加西へと出掛けたのだ。








朝一番で向かった先は、長(おさ)駅。








車を降りると、駅事務所から昭和駅長を囲んで溢れてくる笑い声。








そっと背伸びして、ちらりと覗いた。








駅舎に入ると、僕の中で時間がジワリと溶けだした。















[PR]
# by saibara31 | 2017-03-21 21:44 | 北条鉄道 沿線散歩 | Comments(0)

FUJIFILM X100T で撮った写真ブログ&兵庫及びその周辺まち歩きとドライブ日記。 (2015年3月19日以降のブログの写真から Fujifilm X100Tで撮っています) * このページはリンクフリーです。


by saibara31